株 式会社 タイヨウへようこそ

口臭ガスのパイオニア Halimeter

   Halimeter(ハリメーター)
は、口臭測定装置の世界 標準機です

 

 






 


口臭の原因である揮発性硫化物のガス濃度を測定 し、検出ピーク値をデジタル
表示 する小型軽量、簡単操作の口臭測定器です。揮発性硫化物を1/10億単位
ppb)で測定し、検出ピーク値をディスプレイ上で保持で きます。
ま た、ディスプレーに表示される、測定データは患者説明に抜群の説得力を発揮します。


 

 

 

 

 揮発性硫化物である、硫化 水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドらが口臭の主な原因物質であるとの研究結果が出ています。
 これらの化合物は主に舌の後背部、舌のひだ奥深くに生息する嫌気性バクテリアの活動によって産生されています。アメリカ歯科医師会によると全米で何百万 人もの口臭症に悩む人がいるそうです。日本国内においても同じような状況があるのではないでしょうか。
 口臭問題を完全に解決するには、手軽に入手できるマウスウォッシュでは不十分です。従来、口臭原因物質を特定するためには、高性能で高価な装置を用いて 計測するしかなかったわけですが、Dr.マニー・ショー(インタースキャン社)が発明したハリメーターによって、初めて一般臨床家が容易に揮発性硫化物ガ ス濃度を測定することが可能になりました。
 この器械に使われているセンサーはDr.マニー・ショーが開発したセンサーの一つで、1/10億単位でガス濃度の測定を可能にしました。同社の

センサーの中には、NASAで使用されているものもあります。

 
ハリメーターは
 ・使いやすい。
 ・小型、軽量。
 ・センサー技術は20年以上工業用に用いられ実証済み。


 一般臨床家に受け入れられ る以前より、ハリメーターは歯科の基礎研究分野で測定装置として使用されてきました。官能検査と併用することで

ハリメーターは1/10億の単位で口臭の測定を可能にし、口臭の有無の判定に大きな力を発揮いたします。
 また、患者説明には測定結果を数値化し、患者に見せることでインフォームドコンセントに役立つようになりました。
 ハリメーターは治療プログラムの一環として使われるべきで、測定結果を時系列で読み取ることで口臭治療の進行状況が確認でき、有効な

ツールとなります。
 ハリメーターは口臭の原因物質のガス濃度を的確に測定しますが、その測定データからのみ口臭の有無を判定できるものではありません。あくまでも、口臭と は人と人とのコミュニケーションの場において、他覚的に捉えられるものであります。
 ハリメーターによる測定と、官能検査と、その他バクテリアの培養等の試験結果を考慮し、最終判定はなされるべきであります。
 臨床家として口臭に悩んでいる患者と接する場合、臨床家の側で十分に確立された口臭治療のプロトコールが必要です。ハリメーターは口臭判定において重要 なツールではありますが、単独で絶対的な判定を下すものではないことを認識してください。
 一般臨床家に広く受け入れられた結果、口臭治療は歯科領域の問題であると認められるようになってきました。
 アメリカ国内において、ハリメーターはここ2、3年で口臭症の研究、診断にとって重要な役割を果たしてきました。全米では2,500名近くの一般臨床家 や大学がハリメーターを採用し、口臭治療の展望とチャンスを切り開いてきました。

 

 

 

 インタースキャンボルトメ トリックセンサー(米国特許番号:4,017,373)はガスの拡散を制御して測定す る電気化学を応用したガス検知器です。
 採取呼気のガス分子は拡散を制御する媒体を通過した後、電気触媒のセンサー電極に吸着し、電気化学的な反応に応じた電圧をセンサーに発生させます。強い 臭気物質ガスがセンサー内で電気化学反応を起こします。


 
・硫化水素 H2S→2HSO+2e
 ・メチルメルカプタン 2CH
3SH→CH3-S-S-CH32H2e
 ・ジメチルサルファイド(CH
3)2S +2H2O→2CH3OH +SO+2H2e

 この反応はガス濃度に正比例した電流を発生させます。また、この電流はメーターあるいは記録計の情報となる電圧に変換されます。
 限界拡散電流Ilimは次の簡単な方程式に示されるようにガス濃度に正比例します。

 



 前記方程式のIlimは、限界拡散電流(単位:アンペア)、Fはファラディー定数(96,500クーロン)、Aは反 応部面積(単位:Cm2)、nは1モル当たりの反応因子の電子数、δは拡散領域長、Cはガス濃度(立方センチメートル当たりのモル数)、Dはガス拡散定数 で、拡散媒体中のガス透過性係数と溶解係数の積で表されます。
 2つの電極のインタースキャンセンサーでは、非分極の基準対極に対するセンサー電極に外部バイアス電圧をかけセンサー電極を一定電位に保ちます。非分極 とは対極が電位を変えることなく電流を流し続けることができることを意味します。つまり、対極が基準電極として働き、分極する空気対極を用いることによっ て本来必要とする第三電極及びフィードバック回路を必要としません。

 

 

 図1はキャリブレーション装置の模式図です。
 キャリブレーション装置は密閉された所に設置されています。ポリ塩化ビニールのチ ューブにより各構成部が接続されています。
 送風ポンプ(左端のPUMP)はV1(2000mL調整可能な流量メーター)へ毎分4  

リットルのエアー供給能力が あります。
 V1のアウト側をプラスチックの“T”もしくは“Y”に接続します。残った一方をV2(100mL調整可能な流量メーター)のアウト側に接続します。
 V2のイン側を10ppmのH2S(硫化水素)ガスの圧力ボンベに接続します。10ppm以下の低濃度にするとはH2S(硫化水素)は不安定なものとな ります。
 チューブ“T”と“Y”の先端は一方が開いたマニホールド(多岐管)に接続します。
 このしくみにより濃度0値のエアーと希釈された基準ガス(キャリブレーションガス)が無尽蔵に供給できるわけです。
 基準ガス濃度が150から300ppb(1/10億)の範囲になるよう希釈しています。
 基準ガスの濃度を計算するためには式1の公式を用います。
 公式から導き出された数値に従いハリメーターに基準ガスを吸引させ、ハリメーターの測定数値が予定された数値に一致するように、器械のキャリブレーショ ンを行います。

 

式1: ((SGF/(SGF+AF))×SGC)=Sample Concentration(ppb)

 SGF  − Source ガス流速(mL/min)

 AF   − Air流速(mL/min)

 

 SGC   − Source ガス濃度(ppb)

 

 

 

◆検出ピーク値がディスプレ イ上に保持されて表示される。
◆ディスプレイが見やすいように本体角度を調整できるスタンドを付属。
◆呼気採取チューブを固定するブラケットが付けられる。
◆本体防埃カバー標準装備。
◆本体上面に基本操作手順がグラフィックで表示される。